スタッフブログ

Co2レーザーと集塵の関係

IMG_5231

Co2レーザーは様々なところで使用されております。機種も多くあり、出力、制御方法、加工方法によっても設備が異なります。そして比較的安価な設備もあり、身近なレーザーだと言えると思います。紙加工を扱う立場からすると、CO2レーザーは加工機の刃物がレーザー光に変わったと言い換えられると思います。
今回はそのレーザー光を照射した時に発生する粉塵について取り上げます。Co2レーザーの波長はレーザー波長の中でも最も長く、レーザー照射すると素材はレーザーを吸収し熱エネルギーによって素材に変化が起きます。紙の場合はレーザー照射した箇所は気化し切断されます。CO2レーザーで加工可能な素材は多いですが、最も有効な素材は紙、木材、アクリル、PET、ゴムがあげられます。
実はそのレーザー照射した時に発生する煙りと粉塵が厄介者なのです。レーザー照射した場合は必ず煙りと粉塵が発生します。紙、木材、化学製品、素材の違いによっても粉塵の性質も異なってきます。そして、その煙と粉塵をいかに早く処理するかにより、加工品質にも違いが出てきます。更にはスキャナタイプとプロッタータイプでも粉塵の処理方法が異なります。これまでの経験から得られた事の一つとして、加工時に発生する粉塵の特性を知ることが加工品質の向上につながる事です。
写真は木製品へのレーザーマーキング(刻印)ですが、木材に含まれるヤニの付着を抑えることが重要です。上部へ上がる煙を回転気流によって一気に集塵しています。

IMG_6365IMG_6366

 

お問い合わせ

TEL:058-279-2111

powerd by formy(フォーミー)