スタッフブログ

カッティングステッカー

IMG_5451_2

カッティングステッカーの紹介です。製品紹介ページでも紹介しておりますが、ここで使用するステッカー素材とCo2レーザーの相性の良さを再度ご紹介いたします。
カッティングステッカーとして主に使用される素材は塩ビシートになります。塩ビシートは耐久性や伸縮性に優れており、施工も、し易い素材だと思います。ちなみに塩ビ素材はCo2レーザー波長帯を吸収しますので加工は可能です。但し、塩ビからは塩素系の有毒なガスが発生し、人体や設備への影響を考えると加工不可となります。塩ビシートのカッティングステッカーはカッティングプロッター機で加工することが一般的です。
Co2レーザーとの相性、環境に対する安全性、双方を兼ね備えた素材がリンテック(株)のエコパレットタックシールになります。材質はアクリル系素材で、Co2レーザー波長帯との相性は非常に良い物です。レーザー加工における熱収縮もなく加工品質にも問題ありません。加工検証を繰り返しましたが、とても安定した素材だと思います。気になるとすればアクリルを切断するときに出るガスと、ビームが干渉すると炎が上がります。これは素材に火が付いたのでは無く、ガスに引火しただけです。カットスピードが速ければ全く問題はありません。レーザー機としてはスキャナタイプで加工することが良いと思います。
素材コストは塩ビに比べると高価になりますが、環境への配慮を考えると、とても優れた素材であります。施工に関しても伸縮性があり、塩ビシートと変わり有りません。環境に優しい、塩ビに変わる素材だと言えます。

レーザーで加工するメリットとしては、カッティングプロッターでは上手くカットできない部分(微細部分、鋭角や複雑な曲線)が綺麗に仕上がります。カッティングプロッターではデザイン的に加工できないなど、今まで諦めていた物がレーザー加工では可能になります。サイズの大きな物、簡易なデザインのステッカーはカッティングプロッター機で、微細部分が多い複雑なデザインのステッカーはレーザー機で加工する。加工機を上手く使い分けると良いと思います。
写真:ステッカー サイズ80㎜x60㎜
IMG_5436IMG_5451_2

お問い合わせ

TEL:058-279-2111

powerd by formy(フォーミー)